事前に知りたいシロアリ駆除

最新のシロアリ駆除情報まとめ

これって羽アリ?シロアリ駆除前に知っておきたいシロアリの特徴

これって羽アリ?シロアリ駆除前に知っておきたいシロアリの特徴 日本に生息するシロアリの種類は、20種類以上と言われていますが、その中でも家の建物の倒壊などの危険性を及ぼすのは2種類だけです。
シロアリ駆除の対象となるのは、イエシロアリとヤマトシロアリの2種類で羽を持って飛び回ることもできます。
他に羽アリにはシロアリとクロアリの二つに分けられ、一般的にはクロアリの方を見かけることが多いかもしれません。
クロアリの場合は触角がくの字型となり、シロアリの触角は数珠型でくの字型になっていません。
また羽がシロアリは開いた時に均一が取れていますが、クロアリの方は前の羽が大きく歪な形をしている特徴があります。
一方、イエシロアリとヤマトシロアリとの違いは大きさに違いがあり、イエシロアリの方が大型の種となります。
その見分け方は羽アリの頭部分で、ヤマトシロアリは細長い形状をしており、イエシロアリは頭部分が丸い形状をしています。
シロアリ駆除を行う上では、どちらのシロアリに侵されているかを特定することがポイントで、イエシロアリの方が数十万から数百万と膨れ上がる特徴があり、巣が巨大化します。
もっともヤマトシロアリでは、コロニーを形成することがあり、一つの家屋に幾つもの巣を作る特徴も見られます。

羽アリの発生場所によってはシロアリ駆除が必要

羽アリの発生場所によってはシロアリ駆除が必要 多くの一戸建て住宅を所有される方にとって、シロアリの発生は建物倒壊の危険性にも繋がるため、それを避けたいというのが本音ではないでしょうか。
もし家の中や周囲で羽アリを見かけた場合は、その発生場所を押さえ、それによってシロアリ駆除の検討を行うことが必要不可欠になります。
シロアリの生態は、土の中や床下などの暗くて湿気が多い場所を好み、そういった場所に巣を作る性質を持っています。
特に発生場所としては、家の中で何匹も見かけた場合には要注意で、柱や壁、床下などの場所に巣を作っている可能性も高いです。
もっともさらに詳細な場所の特定を必要とし、柱・柱と天井の隙間・コンクリートの隙間・浴室のタイルの隙間・コンクリートの割れ目などで見かけることもあります。
こうした場所で羽アリが何匹も発生している場合には、その見えない部分に巣が存在する場合も多く、早急にシロアリ駆除を業者に依頼することが必要です。
一番、侵入されている危険性が高い場所は家の中で、他にも家の周囲で見つかるケースがありますが、その場合は羽があるため飛来してきた可能性もあります。
また家の周囲で見つかった場合は、近くの家にシロアリの巣が存在している場合もあるため隣人とやりとりがある方は、その話をしてみると良いでしょう。

シロアリ駆除後にすぐに再発してしまう意外な原因を知ろう

シロアリは大切な家に大きな被害をもたらすこともありますので、羽アリを見かけたなど異常を感じた場合は、点検をしておくことをおすすめします。
点検で発生がなかった場合はとりあえず安心ですが、被害が出ていたことがわかればできるだけ早くシロアリ駆除をしておきたいものです。
専門業者のシロアリ駆除を利用すれば、完璧に駆除できるというイメージもありますが、プロに依頼したにもかかわらずすぐに再発するケースもあります。
再発の意外な原因では、薬剤がまだ十分浸透していないこともあげられますのでしばらく様子をみてみましょう。このほかの理由では、駆除の仕方が甘かったことや違う場所に巣があったことなども考えられます。
こうしたトラブルを防ぐためには、業者選びで失敗しないことも大切です。シロアリ駆除の技術が高く、豊富な実績を持つ信頼できる業者を選びましょう。
それから、再発した場合の保証がどのようになっているのかも確認しておきたいところです。

シロアリ駆除を依頼する時には悪徳業者には十分な注意が必要です

木造住宅で築年数が古い場合は、室内側のどこかに湿気が多くカビが生えていたり見えている木材の部分が腐食していることを見つける方も実在しています。
この問題は雨による湿気が原因となっている場合は、除湿シートや防水シートを用いるリフォームで対応できますが、床下を確認するとシロアリが大量に発生していることを確認した場合、素人では太刀打ちできないのでシロアリ駆除の専門会社に任せることが必要です。
注意すべき点はありシロアリ駆除を行う会社の中には悪徳業者も実在しているので、本来であればシロアリ駆除と簡単な補修作業で済ませることができたとしても、補修すべき範囲を無意味に広げられたり修復する際に木材を強化するための資材と施工費用総額が50万円を大きく超える金額を請求されてしまう可能性があります。
更に床下に電気式のファンを大量に設置し、ファンによって除湿をするという本来であれば不要な機材の料金が請求されるなど、住民の不安を煽って付け込む悪徳業者の事例も少なくはありません。
シロアリ問題で業者を選ぶ際には、ホームページを開設している信頼できる会社、口コミの良い会社を探すことで素人でも分かりやすい説明と共に適切な対応を取ってもらえます。

シロアリ駆除サービスの床下診断の調査と確認事項

シロアリは地中から柱に沿って蟻道と呼ばれる道を作って建物に侵入し、主に建築物の土台や大引きなど建物床下部分の建築材が被害の対象になります。
放置しておくと建物の劣化が進んでしまうので、累計施工59万件以上のに裏付けられた確かな技術力があり正社員による高品質なサービスを行う、シロアリ駆除サービスをおすすめします。
シロアリ駆除サービスではお客様のお宅の床下診断を行っていますが、まず床下に入り確認事項は水まわりのシロアリ被害や湿気水漏れなど丹念に調べます。
次に玄関や勝手口など外との接点も欠かさず調べ、家のまわりや垣根も余さず調べ床下で撮影した画像をお見せしながら結果をご報告します。
それから対策のご提案をして、御見積を提出し施工は有料となりますが追加料金はなく調査は30?40分程度で調査結果を元に、状況に合わせた最適な対策をご提案いたします。
さらに5年保証があり年に一度も無料点検も実施いたしますので、安心して任せられます。

シロアリ駆除に関する新しい基礎知識の必要性

シロアリ駆除は、ただ単に駆除を依頼するだけでは後悔するケースがあり、シロアリに関する基礎知識を身につけておく必要があります。
従来は、住居の周辺環境に対する規制が緩かった事から現在の薬剤に比べて殺虫力が強い薬剤を使うことができ10年間の保証が一般的でしたが、現在では人体や環境に優しい薬剤を使用するので5年保証が一般的です。
シロアリの駆除は、床下一面に薬剤を散布して主要な木材に薬剤を注入するのが一般的でしたが、人体や環境に優しい薬剤を使用する様になった事からシロアリが殺虫成分を巣に持ち帰り巣ごと駆除するベイトが一般的になるなど基礎知識も変化しています。
シロアリは、一般的に散布やベイトで駆除するのが一般的ですが、調湿剤や床下換気扇などで床下の湿度を低くする事でシロアリが生息できない環境を維持することがシロアリ駆除方法の一つでした。
しかし、現在では温暖化と住宅の機密性が上がった事で九州地方や四国地方の暖かい地域でしか確認できなかったイエシロアリが関東地方でも確認されており、水分を運ぶことができるイエシロアリによる2階部分の被害が報告されています。
また、アメリカカンザイシロアリは、木の細胞に蓄えられている水分で生息することができるとされ、調湿による駆除など従来の基本知識が大きく変化しているので新しい情報を随時入手しておく必要があります。

シロアリ駆除の経済的負担はどれぐらいなのか

シロアリは大切な家を食い散らしてしまう害虫なので、見つけたときはできるだけ早く駆除しておきたいものです。シロアリ駆除は数十万円程度の費用が発生する場合もあり、経済的負担が心配という人もいるのではないでしょうか。
まず、シロアリ駆除の費用も業者ごとに違いがあります。相場や適正価格を知るためにも、複数社から見積もりを取っておきましょう。
安く済ませるために市販の駆除剤などを使う人もいますが、シロアリを完全に駆除するのは素人では難しいものがあります。駆除に失敗してしまうと、被害が広がりさらに多くの費用が発生する可能性もあります。
費用はかかっても、やはりシロアリ駆除は専門業者に依頼することがおすすめです。専用の駆除剤を使うこともできますし、専門家ならではの質の高い駆除も行われます。そして、再発を防ぐ処理などもしてもらえます。
早めに駆除をしておけば、家屋の損害も少なくなりますので、経済的負担は抑えられます。駆除が遅くなると、家屋にも被害が広まっていきますので、修理に多くの費用が発生することも考えられます。

古民家の空き家こそシロアリ駆除の必要性がある

最近の少子高齢化と都市集中傾向と地方の過疎化の影響で、空き家が急増しており社会問題となっています。空き家の多くはいわゆる古民家と呼ばれる状態にあることが多く、そのまま放置することでシロアリの温床になっていることもあるようです。空き家自体だけでなく近隣住民に迷惑をかけないためにも、シロアリ駆除の必要性が高いのは明らかです。
しかるに空き家では誰も住んでいないので、シロアリなどの害虫が発生しないと考える方も多いようです。
ところが空き家では、換気されないため屋内には湿気がこもりやすくなっています。住人がいれば窓の開閉などにより空気の入れ替えも自然と行われるので、それほど湿気がこもる事態は心配する必要がありません。
屋内には家具や衣類なども放置されており、シロアリにとっては食材が豊富です。とりわけ湿気がこもっている家具などは、格好の餌食といえます。このように古民家のあき家では、シロアリ繁殖の環境がそろっているのでシロアリ駆除の必要性が高いわけです。

シロアリ駆除は害虫駆除業者に早めに依頼しよう

シロアリを1匹でも見つけた場合は、シロアリ駆除を行わなければいけません。他にもたくさんいることが考えられるので、放置してしまうと大変なことになる可能性が高いです。
シロアリは家の基礎や柱を腐らせて、最悪の場合は建て直さなければいけない事態になるケースがあります。
シロアリ駆除は自分で行うのではなく、害虫駆除業者に依頼するべきです。駆除するための知識やノウハウがないので、上手く駆除することができないことがほとんどです。害虫駆除業者は細かいところまで調べて駆除してくれるため、安心して任せることができます。
業者も様々なところがあるため、よく調べてから決めることが重要です。どこも大体同じだと考えて費用の安さだけで決めるのは評価できません。比較してみるとスキルの高さや実績、アフターフォローなどに差があります。
費用を安く抑えることよりも、シロアリ駆除を成功させることの方が間違いなく大事です。シロアリ駆除は適当に選ぶと後悔することになります。

シロアリ駆除の作業前には査定で費用を確認しよう

害虫にも多くの種類がありますが、特にシロアリは大切な家に大きなダメージを与えてしまいます。シロアリの存在を確認したら、できるだけ早くシロアリ駆除を依頼しましょう。
シロアリ駆除も、被害の状況や作業する範囲、作業内容によって料金も大きく変わってきます。まず現地調査が行い、被害の程度や状況を確認し、シロアリの種類や侵入経路などを確認しましょう。
調査のときには、査定も行われ、大体の料金を知ることができます。提示された金額が適正であるかどうかわからない場合は、複数社で査定をしてもらい比較してみると良いでしょう。
シロアリ駆除はできるだけ安く済ませたいところですが、ただ安いからと安易に決めるのは避けたいところです。低価格でも作業内容が悪いと、再発の可能性もあります。
金額の安さだけではなく、技術力の高さや信頼性はよく確認しておきたいところです。再発にもすぐ対応できるよう、保証期間や保証内容についても確かめておくことが大切です。

シロアリ駆除を毎年行う理由や効果的な方法

建物の建材を食い荒らすシロアリは繁殖力が強く、素人作業では効果的な駆除は容易ではありません。満足できる結果を得るなら、シロアリ駆除の専門業者に任せるのが賢明でしょう。
シロアリ駆除は一度行えばそれで終わりではありません。毎年駆除作業を行うのが理想的とされていますが、これは駆除できるのが基本的には成虫に限られているのが大きな理由です。
シロアリ駆除は建物の内部に殺虫剤を散布しますが、体をむき出しにしている成虫は駆除できても、建材の中に産み付けられた卵は駆除できません。
殺虫剤の効果が切れた後に孵化したシロアリは普通に繁殖するので、根絶を望むなら多少の出費を承知で一定期間ごとの駆除作業は必須でしょう。
シロアリは基本的にひとつの建物にはひとつの種しか住み着きません。そのため、駆除作業を繰り返した後にシロアリが出てこなければその建物では根絶が成功したと言えます。
もちろん、根絶した後で別の種が住み着く可能性は否定できないので油断は禁物です。

鉄筋作りのタワーマンションでもシロアリ駆除が必要な理由

高層の鉄筋ビルであるタワーマンションにはシロアリ駆除の必要は無いように思えます。しかし、建物の構造を問わず、シロアリ発生の可能性があるのも事実です。
シロアリは木材に含まれるセルロースを食べるため、木造住宅は被害に遭いやすいと言えます。鉄筋作りのタワーマンションも各部屋の内装には木材が使われているので、シロアリの被害は他人事ではありません。
また、タンスなどの家具類も木材で作られているので、鉄筋作りの建物もシロアリの巣になるおそれは否定できません。
シロアリ駆除は密閉された空間に殺虫剤を散布するのが基本的な方法です。集合住宅の場合、建物全体で作業しなければ効果はありません。そのため、すべての世帯に許可を貰う必要があることから手間がかかると言えるでしょう。
シロアリは木材の中に卵を産み付けるので、一度の作業では完全には駆除できません。建物から根絶するには複数回の駆除が必須ですが、費用もその分割高になるので業者選びに気を配る必要があります。

シロアリ駆除関連サイト

シロアリ駆除を東京で行う

新着情報

◎2023/9/4

情報を更新しました。
>古民家の空き家こそシロアリ駆除の必要性がある
>シロアリ駆除は害虫駆除業者に早めに依頼しよう
>シロアリ駆除の作業前には査定で費用を確認しよう
>シロアリ駆除を毎年行う理由や効果的な方法
>鉄筋作りのタワーマンションでもシロアリ駆除が必要な理由

◎2022/11/1

情報を更新しました。
>シロアリ駆除後にすぐに再発してしまう意外な原因を知ろう
>シロアリ駆除を依頼する時には悪徳業者には十分な注意が必要です
>シロアリ駆除サービスの床下診断の調査と確認事項
>シロアリ駆除に関する新しい基礎知識の必要性
>シロアリ駆除の経済的負担はどれぐらいなのか

◎2019/2/18

悪質業者の見分け方と注意点
の情報を更新しました。

◎2018/12/21

駆除に適した時期
の情報を更新しました。

◎2018/10/17

駆除材の種類
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

一軒家のシロアリ駆除法
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

シロアリ駆除の工程の流れ
の情報を更新しました。

◎2018/3/16

サイト公開しました

「シロアリ 駆除」
に関連するツイート
Twitter

アジアツアーも嬉しい \(^o^)/ シロアリ駆除&家の修繕の金額次第のとこありますが……🤔 どなたか300万円もかかったそうな😭 明日大工さんがいらっしゃるのでドキドキ💓😂

シロアリに困っている方に向けて書いたものじゃ。ぜひ参考にしておくれ。 達人が選ぶ!広島県で安いシロアリ駆除業者ランキング

シロアリ害虫駆除で愛知 岐阜 静岡 東京 神奈川 埼玉でおすすめの業者を探している人には嬉しいサービスね🌺 再発時における被害部の無償対応と復旧費用も担保で、万一の損害には、最大500万円の修復作業を実施してくれて安心🌈 無料で調査見積りしてくれるから助かる🐤 [PR]

イタチ ハクビシン タヌキ コウモリ 害獣駆除や屋根裏動物やムササビ アナグマ シロアリ ハチ害虫駆除に困ってる人には被害を早く解決できて助かる🐕 現地調査 お見積り 出張費用無料は嬉しい✨ クーポンもあるし関東・関西・東海・九州エリア対応なら緊急時も安心ね🏍️ [PR]

シロアリに困っている方に向けて書いたものじゃ。ぜひ参考にしておくれ。 達人が選ぶ!熊本県で安いシロアリ駆除業者ランキング