事前に知りたいシロアリ駆除

悪質業者の見分け方と注意点

悪質業者の見分け方と注意点

悪質業者の見分け方と注意点 シロアリは放っておくと、家の寿命を短くするので早めにシロアリ駆除業者に依頼することが大事ですが、中には悪質な業者もいるので注意が必要です。悪質な業者は無料で床下の点検をすると言って点検をし、このままでは家が倒れるので、早めに駆除をした方がいいなどと不安を煽り、高額な工事費用を請求するというトラブルが多いです。
シロアリ駆除の悪質業者の見分け方ですが、会社名や目的をはっきり言わず、公的機関の関係者を装うことが多いです。高齢者の一人暮らしの住まいを訪問することも多く、断ってもなかなか帰ってくれないこともあります。今ならキャンペーンで割引料金で駆除を行うなどと言い、駆除が終わるといろんな理由をつけて高額の支払いを請求することも多いです。
悪質業者の場合は、見積もりをだしてもらっても詳しい見積もりを出さないことが多く、説明を求めても適当に胡麻化すこともよくあります。怪しいと思ったらその場で契約をせず、家族や近所の人に相談したり、その業者の評判を調べてみることも大事です。

確定申告によるシロアリ駆除費用の雑損控除と助成金

確定申告によるシロアリ駆除費用の雑損控除と助成金 シロアリの被害は、いつ発生するか予期し難く被害が甚大である事から自然災害や人為災害と同様に雑損控除の対象であり、医療費や保険料などと同様に確定申告する事で所得税の減免処置を受ける事が出来ます。
雑損控除は、シロアリ駆除費用と被害を受けた家具や住宅の修繕費が対象ですが、資産価値の高い別荘や事業用の建物など日常生活に不要な建物に関しては対象外です。また、シロアリの発生や被害を事前に予防する作業に関しては雑損控除の対象外であり、シロアリ駆除工事と予防工事の請求書は別々に計上して貰う必要性があります。算出方法は、差引損失額から総所得額の10%を差し引いた額もしくは差引損失額のうち災害関連支出の金額から5万円を差し引いた額の高額の方が適用されますが、所得税や住民税の税率によって控除額が異なるケースもあるので事前の確認が必要です。シロアリ駆除の助成金は、日本全国の地方自治体で一律で受給する事は出来ませんが、地方自治体によっては駆除費用の50%かつ上限1万円など独自の助成金を行っているので事前に確認が必要です。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>