事前に知りたいシロアリ駆除

駆除材の種類

駆除材の種類

駆除材の種類 現在のシロアリ駆除剤は、恒温動物への安全性の高さやコロニーごと死滅させるドミノ効果からネオニコチノイド系薬剤がシロアリ駆除剤の主流とされ、ネオニコチノイド系薬剤の液体を床下への全面散布や木材への穿孔注入などに用いられています。
他のシロアリ駆除剤には、シロアリの大好きな唐松材を高温で燻し脱皮阻害剤ビストリフルロンを染み込ませたベイト剤などの固形のシロアリ駆除剤もあり、駆除目的と駆除方法に合わせて液体の薬剤と固形の薬剤が使い分けられています。ビストリフルロンは、濃度依存度の高いベンゾイルフェニルウレア系脱皮阻害剤であり、シロアリの神経毒でもあるホウ酸化合物と組みあわせるケースもある殺虫剤です。
ネオニコチノイド系殺虫剤は、天然のニコチン様物質を含むクロロニコチニル系殺虫剤であり、有機リン系殺虫剤に比べて人体への悪影響が少ないとされていますが、ヨーロッパではネオニコチノイド系の3種類の農薬の使用が制限されています。

薬剤の種類とシロアリに対する毒性の特徴

薬剤の種類とシロアリに対する毒性の特徴 シロアリ駆除の薬剤は、除草剤にも配合されているカーパメイト系や即効性がある事から殺虫剤にも配合されているピレスロイド系及び絶大の殺虫効果を誇るフェニルピラゾール系に加え、安全性の高い新系統殺虫剤とも呼ばれるネオニコチノイド系や細胞を餓死させる遅効性のフェニルピロール系が用いられています。
ネオニコチノイド系は、シロアリなどの害虫に対して高い殺虫効果を発揮する一方で人間や愛玩動物などの恒温動物に対しては薬害が極めて低い特徴に加え、シロアリの体に付着したネオニコチノイド系殺虫剤がコロニー全体を死滅させるドミノ効果が期待出来る事からシロアリ駆除剤の主流となっています。
ピレスロイド系は、洋服の防虫剤に使用されている事でも知られている知名度の高い殺虫剤ですが、シロアリやゴキブリなどの害虫だけで無く魚類にも高い毒性を発揮してしまう事から使用可能な地域が制限されてしまいます。また、フェニルピラゾール系が魚類に高い毒性を発揮するとされています。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>